こんにちは。
サポーターのサガワです。

「今年は咲きたいの」と見事に咲いたシンビジウム

 

急に蒸し暑くなったかと思うと、ぐっと涼しくなったり・・・身体も対応が大変です。

特に梅雨時期には昔の古傷が気になる人も。

 

 

古傷つながりで記憶の話を。

記憶は不思議なもので「感動」の記憶より「残念」な記憶の方が鮮明だったりします。

例えば我が家の家族旅行の思い出。

ネットの写真と価格のみで判断して出かけたホテルが、なんとも寂しい場所に古い部屋でセルフサービスのご飯という内容で当時はがっかり。

しかし、今では笑えるくらい強烈な記憶に残っているというありさま。

 

 

同様に、昔の古傷の記憶が忘れられないのは「残念」とか「大変だった」という感情とセットになっているからかもしれませんね。

そのお陰で。。。という視点に代わるまでは時間が必要かもしれませんが、こだわりすぎるとバランスに影響します。

 

 

バランスの見方はそれぞれ。

筋肉の視点から見たバランス。(体)

感情の視点から見たバランス。(心)

考え方の視点から見たバランス。(頭)

 

 

どの視点も自分の身体の中でバランスを保つために働いています。

不調を感じたら、「休め」とか「完璧じゃなくていいよ」とか「動いてみて」とかのバランスを促すサインと捉えてみる。

すると、ゆっくり身体は元に戻る方向に動き出しますよ。

 

 

実は、極端を知るから、バランスに気づけるのかもしれません。

不調を知るからこそ、好調を感じられるようになる・・・面白い。