こんにちは。
サポーターのサガワです。(一応院長になりましたが、サポーターが私らしい)

自然環境に身を置くことも瞑想の一種?

 

マインドフルネスとか瞑想とか、昔に比べ必要性が高まっている昨今。

しかし、私は瞑想体験をしても、色々とイメージしてしまうせいか脳内が落ち着かず。
(元々、落ち着きがないのですが・・・)

だから、呼吸にだけ集中しましょう、と言われる方がやりやすかったりします。

そんな折、瞑想とは座って目をつぶって姿勢を整えて・・・以外に動作に集中することも瞑想という記事を発見し「なるほどー!」と納得。

 

食べる瞑想。
歩く瞑想。
趣味などひとつの物事に集中する瞑想。

皆さんはどうですか?

 

私も歩いているうちに無心になっていたりする時があり、その感覚わかります。

また、読書中や読書メモを書いてるときもそうかな。

 

そう考えると手芸などに没頭されてる方が幸せそうなのは、瞑想効果かもしれません。

しかし没頭しすぎて、肩こりで来院されるお客様もいらっしゃいますので、同じ姿勢は注意も必要ですね。

 

私の場合、施術をしている時もその感覚になることが時々ある、ということに最近気づきました。

ということは、瞑想の時間をとらなくても、仕事と兼ね合いがとれるなんて・・・一石二鳥!?

幸せ者だなー。

 

”夢中”って英語にするとクレイジーなのか、と書きながら苦笑いしております。