先日の地震や最近の寒暖差など、自分の周りの環境や状況は気づかないうちに身体の状態に響いていたりします。

こんな時こそまず自分の安心感や快適さに目を向け直して「大丈夫」という感覚を取り戻すと、身体も安定してきます。

咲くぞ、咲くぞ!の状態が一番キラキラ

こんにちは。
店長のサガワです。

情報があふれてる世の中ですからどの情報を選択するのは自分次第。
不安な情報に心奪われて落ち着かないなら、頭の声を静めるために自分の心地よさに目を向け直してみましょう。
今寝る場所がある有難さ、食べられる有難さなど当たり前のことに感謝がわいてきます。

身体への不安がある場合も同様です。
情報集めに焦ると冷静な考えより不安の海にはまることもあります。

たくさんの健康情報をどんどん取り入れたくもなります。
しかし実践してみても自分に合わないものもあります。
または知っていても実践が面倒で変化につながらないこともあります。

”自分の身体を治す力”(自然治癒力)を発動するスイッチは各自持っているのに惜しい。
スイッチをオンにするには、根底に”快適に楽しく生きているか”があるかないかだそうです。

自分の心地よさとは何か自分で知っていますか?
まずはそこに意識を向き直し、好きなこと好きな時間を過ごしてみる。
そうやって自分を落ち着かせてから情報に向き合ってみると、自分にとってどんな情報を選択をすればいいかが見えてくるかもしれません。

心地よさに基準はありません。
ただ、やけ食いのような食べ方などは自分の身体が嫌がっている場合もあるので注意。
自分を快適にする一歩は、自分の頭・身体・心を思いやって生きることから。