整体を受けられる方の身体の状態によって、ミニアドバイスをすることがあります。

できるだけハードルの低い提案をします。

続けてみて身体が変化するか確かめてほしいから。

寿命をめいいっぱい満喫してる動物たちの方がお手本になりますな

こんにちは。
店長のサガワです。

 

先日、部屋の片づけを投げ出さない方法というのを読んでいて、これは片づけ以外にも通用するなー、と感じました。

応用すると、まず現状を見る。その上で結果にこだわらず、プロセスを重視する。

このプロセスの線引きを自分に甘くすれば「今日これだけできた」と脳が喜び明日につながる。

そして、「なぜこれを習慣にするのか」「1年後はどうなっていたいのか」と問いながらゴールを調整していく。

 

以上の過程でやってみて、できないときにまた初めに戻るのもあり。

または、自分の中の「どうせ私は3日坊主で続かない」という自分の物語を知らぬうちに採用していないかをチェック。

だとしたら自分で書き換えればよいのだ、と気づくだけでも一歩前進なのです。
(例「これをきっかけにもっと自分にふさわしい方法に巡り合い、ルンルンで続くようになる」とか、自分が喜ぶ未来をイメージして自分物語を作れば、脳も喜んでそうなるよう協力してくれる)

 

自分の信念(思い込み)や完璧にこだわりすぎて前に進めない状況に、案外自分では気づかなかったりしますよね。

うまくいかないからこそ、工夫が生まれるもの。

 

そして習慣が定着するまでにときどき気分転換タイムを設ける。と、いう流れです。

 

私も何度も新しい習慣にチャレンジしては続かないこともしばしば。

しかし、選択肢がたくさんあることに興味を持ち始めると、自分が面白い!と思ったものを感じ取るアンテナが働くようになってきたようです。

 

すると誰かの正論が必ずしも自分に合うとは限らないこと。

お客様にもまずは自分がやってみてどう感じるか、を大事にしてほしい。

身体にとっての快適な習慣作りをお手伝いするために、当店は面白い(?)アドバイスの選択肢を今後も淡々と常備していきます。