先月は雨が多かったので今月の連日の猛暑は太陽パワーを実感。

太陽、ありがとう。でも、猛暑は身体にきついのでほどほどがいいのだけど…と勝手に思ってみる。

去年より元気なこぼれ種のポーチュラカ。鉢ではなく地面の心地よさを満喫中。

 

こんにちは。
店長のサガワです。

 

今年の極端な天気も見方を変えれば、このように逆のメリット・デメリットがわかる。

身体の視点で見れば、不調を経験することで、普通に身体が動くことが当たり前で気づかなかったという恩恵に気づく。

 

だから身体の不調を経験するたび、身体のありがたさに気づくチャンスが与えられるのではないかしら。

 

もちろん身体の痛みや辛さはできれば無縁でいたい。

一方、その辛さを知ったからこそ、身体と付き合う方法の探求が始まるというおまけもついてくる。

 

一見マイナスに見えることでも、逆がわかるチャンスなのですね。

 

人生経験も同様のようで、失敗のように見えることも、そのお陰で今まで気づかなかったことに気づけるという経験談が多いです。

 

そういえば整体の施術でも、お客さまのくすぐったいの裏にある頑固なコリも当てはまるかも。

そこで笑うことで全身が揺れるから、身体はほぐされる仕組みを自ら組み込んでいるのでは?

と考えてみると、すごいぞ、身体。