夏の肩こりに潜む秘密。

それは

肩こりなのに、腸が関係している?

20年越しの青年の木に子供?肩こりと腸のように不思議な関係

 

こんにちは。
店長のサガワです。

 

まだまだ残暑が厳しいです。

夏は気温が高いから本来体はゆるむはず。

とはいかず、過ごす環境次第で隠れた冷えが肩こりをもたらすこともあります。

腰痛にも関係ありますが、背中がはる人はまず肩こりに表れます。

 

 

体の外からの冷えは、冷房空間の中で過ごすことが多い方に。

いかに自分に合った体温調節ができるか、がカギ。

クーラーは寝る時も昨今の猛暑なら、つけっぱなしの方がいい場合もありますが、寝具はしっかり冬並みがおすすめ。

 

 

体の中からの冷えは、冷たい飲食物によるもの。

中でも砂糖や乳製品入りのものの取り過ぎは、いつの間にか胃の負担につながります。

内容と食べる(飲む)頻度に気をつけるのがカギ。

 

 

体の中を流れるエネルギーや血を作ってくれる胃。

胃が弱るとエネルギーが回りにくくなり、冷えが治りにくくなります。

 

 

本来、体が欲するものを食べるのが一番ですが、飽食の時代ゆえその感覚が麻痺して味の濃いものを求める傾向もあり、難しい。

 

 

私も食べるのが早い方なので、感覚を養おうと三食のうち一食を食べることに集中して味わって食べてみるようにしました。

すると、腹八分や味の感覚に目を向けられ、体が満足感。

 

 

暑い中の冷えに皆様もご用心を。